トップページ亀頭増大・強化術>バイオアルカミド

亀頭増大・強化

バイオアルカミドによる亀頭増大・強化術とは

Before,After

バイオアルカミドは、亀頭増大・強化術、早漏の改善に使用される注射材です。バイオアルカミドは、プチ整形などにも使用されている注射剤ですが、ヒアルロン酸やアクアミドなどの注射材に比べて硬く、しかもほぼ永久的に残るのが最大の特長です。バイオアルカミドは、すべての注射材のうちで、最も硬く、その硬さが亀頭に最適です。硬く永久的に残る点で、亀頭増大で使用する注射材の中で、バイオアルカミドは最も優れていると言えます。

バイオアルカミド注入に適している方

  • 以前バイオアルカミドを注入したことがあるかた
  • 永久に残るものを注入したいかた
  • 一回の治療で増大効果を感じたいかた
  • 亀頭に硬い注射をいれたいかた
  • 亀頭が敏感なかた
  • 早漏で悩んでいるかた
  • すぐ射精してしまうかた

バイオアルカミドの持続期間と注入量の目安

バイオアルカミドは、水とアミドイミドアルキルという物質から構成されています。バイオアルカミドは従来からのアクアジェル型の注入剤(アクアミド)に比べ硬度が硬く、広がりにくい性質を持っています。このため、バイオアルカミドは亀頭や陰茎(ペニス)の増大、強化に非常に適しています。また、バイオアルカミドはCEマーク(EUの安全基準)取得済みの医薬品です。バイオアルカミドの特性に精通した経験豊富なペニスの専門医が使用すれば、副作用は皆無であり、非常に安全性は高いと言えます。


アクアミドの画像

バイオアルカミドの持続期間と注入量の目安

バイオアルカミドの持続期間

ほぼ永久的です。

注入量の目安

■早漏治療目的の場合・・・バイオアルカミド→2cc〜3cc
■亀頭増大治療目的の場合・・・バイオアルカミド→2cc〜4cc

※上記注入量は、あくまでも効果のでる平均注入量です。1ccからでも注入可能です。
治療効果は注入方法、注入技術(*)に大きく左右されます。経験豊富なクリニックでの治療をおすすめします。
(*)亀頭粘膜からの深さにより効果が違います。注入する深さが、深すぎると効果が弱く、浅すぎると副作用を起こす危険があります。

バイオアルカミドの注入方法と治療時間

注入時の痛みをなくす為にペニスの根元にブロック麻酔(※)を行い、カリ首(亀頭の一番出っ張っているところ)を中心にバイオアルカミドを注入していきます。
船橋中央クリニックでは注入後に亀頭がデコボコしないよう、一カ所にまとめてバイオアルカミドを注入するのではなく、細かくバイオアルカミドを注入し、注入後も違和感のない亀頭にします。治療時間は、5分程度です。
※ブロック麻酔とは局所麻酔の一種です。ブロック麻酔の際、わずかな痛みが伴います。わずかな痛みにも耐える自信がない方には、ガス麻酔による完全無痛麻酔をおすすめします。

治療後の注意事項

治療直後は、亀頭に包帯を巻きますが、翌日外してかまいません。尿道には巻きませんので、排尿に支障はないです。

シャワー・入浴 翌日より普通にシャワー・入浴が可能です。
性行為 セックス・マスターベーションはできれば当日を含めて3日間控えてください。
飲酒 当日を含めてできれば3日間控えてください。
仕事 当日より可能です。


亀頭増大・強化術の症例写真・ブログ記事を見る
亀頭増大・強化術を受けた「患者様の声」を見る