自分の脂肪だから安心!陰茎増大術で悩み解消!

脂肪注入による陰茎増大術とは

陰茎増大術 脂肪注入による陰茎増大術とは、自分の下腹部などから脂肪を採取し、その脂肪を陰茎に注入して陰茎をより太く、たくましくする治療です。脂肪注入による陰茎増大術の最大の特徴は、脂肪の注入量 の30〜40%(脂肪の定着率)が永久的に残る点です。


脂肪注入による陰茎増大術に適しているかた

  • 陰茎全体のサイズに悩んでいるかた
  • 自分の脂肪で陰茎を大きく太くさせたいかた
  • 高分子ヒアルロン酸を以前注入したが、もっと長く持続させたいかた
  • 性交渉をパワーアップさせたいかた

【コラム】さらに脂肪注入についてくわしく知りたい方へ

注入した脂肪は、脂肪に毛細血管の枝が伸びて、血液が届くようになって初めて定着します。毛細血管の枝が伸びることを血管新生と言いますが、脂肪への血管新生は脂肪の粒の外側から始まってから徐々に中へ伸びていきます。このため、血管新生が効果的に行われるように脂肪を小さい粒にして、細かく丁寧に注入する必要があります。脂肪を大きな塊で注入すると、血管新生がほとんど行われず、定着せずに壊死してしまいます。小さい粒にした脂肪でも血管新生がなく、定着しなかった場合は、代謝され、周囲に吸収されてしまいます。脂肪の定着率を上げるために手術後冷却するのが重要です。船橋中央クリニックでは、脂肪注入を専門的に行っており、脂肪の定着率を上げるためにさまざまな工夫をしております。

脂肪吸引

脂肪注入の流れと治療時間

下腹部またはお尻に局所麻酔をした上で、脂肪吸引します。その後、採取した脂肪を洗浄し、注射器に充填した上で、陰茎全体に注入していきます。治療時間は40分程度です。

※局所麻酔の際、痛みが伴います。痛みに耐える自信がない方には、ガス麻酔による完全無痛麻酔をおすすめしております。

手術後の注意事項

手術直後は、ペニスの付け根あたりにガーゼをあてています。手術後3日目にガーゼをはがします。

シャワー・入浴 3日目まで患部が濡れないようにシャワー。4日目より全身シャワーが可能です。
性行為 セックス・マスターベーションは3週間控えて下さい。
飲酒 3日間控えて下さい。
仕事 当日より可能です。

※診察時の状態により治療後の経過が変わることもございます。



陰茎増大術の症例写真・ブログ記事を見る
陰茎増大術を受けた「患者様の声」を見る

持続時間と金額

持続期間 個人差はありますが、注入した脂肪の40%前後が永久的に残ります。
料金 525,000円
*脂肪吸引代を含みます。
■お支払い・Q&A
■関連項目

手術までのステップ

まずはお電話/メールでお気軽にご相談ください。