トップページ包茎>包茎手術について

包茎について

包茎手術を受けた理由

たかが包茎、されど包茎。包茎であれば、同感するところがあるのではないでしょうか?
以下の理由は実際に手術を受けた方々の主な理由です。

見た目
  • 温泉、サウナで人前で堂々とできない。
  • 彼女やパートナーに対して何となく恥ずかしい気持ちがある。
  • 入院時や老後の介護を受ける時に恥ずかしい思いをしそうだ。
不潔
  • 仕事で汗をかくと、亀頭に汚れがたまる。
  • 入院時、何日もフロに入れずニオイで周りに迷惑をかけた。
SEX
  • 普段かぶっている為、SEXの時敏感で早くイッてしまう。
  • カリ首が出ていない為、女性を満足させられないでいる。
  • ムケず、痛くて挿入できない。(真性包茎)
  • ムケるが、痛みで挿入できない。(カントン包茎)
その他
  • 皮が戻る際に、毛を巻き込んで痛い。(仮性包茎にありがち)
  • かぶっていて尿が飛び散る。

患者さんの望む良い呆け手術とは?

中央クリニックが学会で発表。「亀頭直下埋没法」は自然な仕上がり

1. キズあとがキレイで目立たない

せっかく包茎手術を受けても、キズが目立っては恥かしいですね。
普段と勃起時の長さをきちんと計り、余った皮も取ってカリ首の下で
治療します。キレイなキズにするには、この方法がベストです。

下のイラストで詳しい手術法をご確認ください。

亀頭直下埋没法(きとうちょっかまいぼつほう)

包茎手術の良い例と悪い例

2. 完全無痛麻酔が可能です

当院では、マスク麻酔(ガス麻酔)を併用することで、完全に寝ている間に完全無痛で手術を受けることが可能です。患者様は、いつ治療が始まったのか、わかりません。いつの間にか心地よい眠りにつき、目が覚めたら手術が終了しているという夢の麻酔方法です。
詳細は「完全無痛麻酔」もご参照ください。

3. 入院、通院の必要がない

患者様のほとんどが短期間での治療を望みます。現在は日帰りで通院のない方法が主流です。
※手術の経過により通院をお願いすることもありますので、その場合は医師の指示に従ってください。

包茎ページメニュー続き(項目をクリックしてください)