トップページ>完全無痛麻酔

完全無痛麻酔

完全無痛麻酔

完全無痛麻酔とは?

船橋中央クリニックでは、マスク麻酔(ガス麻酔)を併用することで、完全に寝ている間に完全無痛で手術を受けることが可能です。患者様は、いつ治療が始まったのか、わかりません。いつの間にか心地よい眠りにつき、目が覚めたら手術が終了しているという夢の麻酔方法です。目が覚めた後は、そのまますぐにご帰宅いただけます。

他のクリニックの無痛麻酔との違い

「無痛麻酔」や「数回に分ける麻酔システムで痛みがない」と宣伝しているクリニックがありますが、その中身を検証すると、決して「完全」に無痛ではありません。

包茎手術は通常、ペニスの皮に局所麻酔注射をします。ただ、「ペニスの皮に麻酔の針を刺す」のは、イメージしただけでも怖いですよね。麻酔を針で刺す限り、完全無痛はあり得ないのです。また、局所麻酔の他、テープ麻酔や極細の針での麻酔注射、静脈麻酔(注)などを無痛麻酔と表現するクリニックがほとんどですが、残念ながらそのような麻酔ではハッキリと痛みを感じます。

当院のマスク麻酔は口からガス麻酔薬を吸引します。吸引しているうちに完全に眠りについてしまいます。そして、気がついたら、手術が終了しています!まさに「完全」無痛麻酔なのです。院長は、麻酔に精通しているからこそ、可能な麻酔方法です。

(注)深く静脈麻酔をすれば、マスク麻酔同様の効果がありますが、静脈麻酔を受けるには必ずその前に点滴の針を腕に刺さなければなりません。針には必ず痛みを伴います。また、静脈麻酔は効果に個人差が大きく、途中で目が覚めてしまって痛みを感じるということはよくあります。

痛みに心配な方に本当にお勧めです!

マスク麻酔によって、包茎手術や増大術を受ける上で皆様が一番心配される「痛み」の不安を完全に取り除けられます。マスク麻酔が受けられるのは、高度な麻酔の管理ができる院長がいる船橋中央クリニックだけです。